6089120e

e565d177e98f9c878be3da79570f063c
1887759l

アニメ「ラブライブ!」出演声優のアイドルグループ「μ's(ミューズ)」のメンバー・新田恵海さんのアダルトビデオ(AV)出演の疑惑を、4月5日発売のアサヒ芸能が報じ、波紋が広がっている。

アサヒ芸能は、数年前に新田さんが出演したとされるAVの発売時期やタイトルなどを報じた。新田さんとされる女性の出演している場面について、その様子などを詳細に描写している。

一方で、新田さんの所属事務所は、公式サイトで、新田さんから、「本人ではないことを確認した」「新田恵海本人ではないという結論に至りました」と発表している。

芸能人にAV出演の過去があったと報道することは、法的には問題ないのだろうか。たとえば、名誉毀損などにあたらないのか。プライバシーの問題に詳しい清水陽平弁護士に聞いた。

●AV出演歴は「社会的評価」を低下させるのか? 「名誉毀損になり得るには、社会的評価の低下があるといえることが、大前提として必要です」

清水弁護士はこのように指摘する。AVの出演歴を知られることは、社会的評価が低下すると言えるのだろうか。

「『AV出演の過去がある』ということは、一般的には他人に知られたくはない事項だとは思います。ただ、AV自体が違法なものではなく、AV女優という職業が成立していることからすると、社会的評価の低下があるとストレートに言ってよいのかという問題があります。

しかし、多くの人に自身の裸体や性行為を晒すAV女優という職業が、一般的な職業とは考えられておらず、性を扱う職業に対して、嫌悪感を持っていたり、蔑んで見ている人も少なくないのが現実です。

このような社会通念を前提にして、一般人の普通の注意と読み方をすれば、AV出演をしていたと指摘することは、社会的評価を低下させるものであると評価できます」

それでは、名誉毀損にあたるということだろうか。

「社会的評価の低下があるとしても、次の3点をいずれも満たせば、違法性がないものと扱われ、名誉毀損にはあたりません。

(1)公共の利害に関する事実にかかわること(公共性)

(2)もっぱら公益を図る目的であること(公益目的)

(3)摘示された事実が真実であること(真実性)」

今回のケースは、どう考えればいいのか。

「報道が真実でなければ、(3)を満たさないので、違法であるという結論になります。

他方、報道が真実であった場合、(3)は満たしますが、(1)(2)を満たすのかを別途検討する必要があるところです。

このようなゴシップネタについて、(1)、(2)を満たすのかについては議論が大いにあり得るところであり、名誉毀損が成立する余地があると思います。

●プライバシー侵害の可能性も プライバシーという点からすると、どう考えることができるだろうか。

「プライバシー侵害については、真実であるほど、公開されると損害は大きいものになるわけなので、これも成立する余地があります。

しかし、一般的に、プライバシー侵害が成立するために非公知性(公に知られていないこと)が必要だと言われます。

私見では、非公知性はプライバシー侵害の成立要件ではなく、侵害の程度を検討する指標に過ぎないと思いますが、そのように解釈される例はまだそこまで多くありません。

そのため、仮にAV出演が真実であるということだとすると、当該AVが販売されていたものである以上、自ら公開していたとも評価し得るため、プライバシー侵害が成立しないと判断されてしまう余地があるといえます」

清水弁護士はこのように分析していた。

引用元「ラブライブ!」声優のAV出演報道が騒動に…名誉毀損やプライバシー侵害では?


【みんなのコメント】

名誉棄損はともかくプライバシーは・・・

逆効果だろこれ。騒ぎ出したらもう止まらない

プライバシー侵害て… 出演してるんだからプライバシーも糞もなかろうて・・

ラブライブを知らないがオカズにされるのが二次元(の中の人)か三次元か程度の差じゃないの?

事実でなければ名誉毀損、考えれば裁判起こせば証人でAV製作会社が呼ばれて、出たか出てないか解る事だと思うのだが?

名誉毀損であっても訴えられないだろ。出演が事実なんて認定されたら訴えが認められても即死もん。騒ぐも地獄黙るも地獄





【管理人から一言】
名誉毀損で訴えれるわけがないんだよなあ・・・
裁判起こすとか完全に自殺行為でしょう